2011年5月15日

永源寺桜とメバルの煮付け

うちのリビングから見える永源寺桜が満開になりました。
例年よりかなり遅いです。



この桜が咲くと、わしはメバルを釣りに行かねばなりません。

でも、この2年くらい、メバルはあまり釣れなくなりました。
釣っては逃がし、釣っては逃がし・・たので
スレちゃったのでしょうか?・・

いや・・メバルの姿自体が減ったような・・

おかげで最近すっかり自信をなくしてしまった、わしでございます。

ここんところ、新しく立ち上げた「はんだ付け検定」や
3冊目となる「はんだ付け本」の原稿書きで、

ゴールデンウイークも休めなかったわしですが、
ようやく、ひと心地つきました。

「メバルの塩焼きでも食うかな・・」

気分転換に釣行を決定いたしました。
まいち氏も忙しいようで、今回もヨシダ君との釣行です。

天気予報は、南の風、波の高さ1.5mで晴れ
中潮で干潮は、朝6:00くらい。

「ふむ、ポイントSでよろしかろう・・」
「8時くらいからでよろしいな・・」

と余裕の出発です。

放射冷却のためか、朝は寒かったですが
「こりゃあ、暑くなるな・・」
という天気です。

海は穏やかで、水もきれい。



「ああ・・久しぶり・・」
「心、洗われますな・・」

さて、ママワームのシュリンプ(クリアラメ)の第1投・・
キュイーンとなかなか良く引く21cmが揚がってきました。

「おおっ!カメラ忘れた!」
まん丸に太った円盤のようなメバルなんですが、
お見せできないのが、残念。

「こりゃあ、今日は爆釣やな!」
と喜びましたが、後が続きません。

魚影もまったくないので、たまたま居付きの一発やったのかもしれません。

・・と思っていると、もう一発。
ほとんどおなじサイズ。

「ふむ・・居ないことはないと・・」

今日は、テトラから離れた底近くでヒットするようです。
テトラ際を探るのはやめ、遠くばかりを探っていると、
なんとか、2匹を追加しました。

4匹とも測ったように、まん丸のメバル。

ヨシダ君は・・と見ますと、
わしとは、反対の端っこに陣取っております。

「うーむ・・今日の風やと、あちらでは釣れんはず・・」

案の定、坊主。


(カヌーからテトラへ乗り移るところ・・)

この後、テトラを移動して、カメラを取りに戻りましたが
ガシラしか釣れず。



爆釣しませんなあ・・。

久しぶりのメバルは、美味しく煮付けにしていただきました。




今年は、今頃からシーズンかな?
水温が低いので、終わるのは7月かな?




株式会社 ノセ精機
昼間のめばる釣り研究部 
〒527-0174 滋賀県東近江市大萩町271番地
 TEL 0749-46-0456    FAX 0749-46-1133
メールでのお問い合わせはこちらまで  
昼間のメバル釣り研究部 代表 野瀬昌治 自己紹介
Copyright 2004-2005 (c) NOSESEIKI All Rights Reserved.