2010年8月7日
のべ竿とミニマルでアコウ

今年もアコウが釣れている様です。

あんまり暑いんで、今年は川で小鮎と戯れておりましたが
長らくアクアパッツアを食しておりません。

一度早起きして、アコウを釣りに行きましょう。

お盆の前なので、誰とも休みが合わず
久しぶりの単独釣行です。

去年のアコウフィーバーの後、考えていたことで
一つ試してみたいことがありました。

テトラのアコウ釣りでは、アコウの付き場は
だいたい決まっています。

テトラの水辺からおよそ5mのラインで
いつもヒットしてくるように思います。

・・ということは、キャステイングで
沖から手前にルアーを引いてくるよりも

のべ竿で、テトラに沿って平行にルアーを動かした方が
効率が良いのではないか?
と考えたわけです。

また、アコウは上下にぴょこんと跳ねて沈むエギに
よく反応しますので、こうした動作ものべ竿ならば
自由自在です。

前から使ってみたかったレオンさんのミニマルを
試すときが来ました。


お盆前なので、海は海水浴客で溢れかえることでしょう。
足場の悪いところに入って
朝の8時には釣りを終了したいところです。

早朝4時に出発し、コンビニでおにぎりとカロリーメイト、
野菜ジュースで朝食です。

早朝5:30の敦賀はがら空きです。
久々の気持ちの良い朝の海です。



安全を見て、最初はエギングロッドにメタルジグで
探ってみました。



2投目には、ぐぐっ!ガンガンガン!と当たりがあり
いいアコウが釣れました。


(28cmくらい)

「ふむ・・予定通りやな・・」

続いて探りますが、去年ほど魚影は濃くないようです。
(去年は入れ食いでしたので・・)

ちっちゃいアコウや、ちっちゃいカマスなんぞも釣りつつ
アコウを1匹追加して、2個のメタルジグを根掛りで
失いました。



24cmくらい。

「さて、のべ竿にミニマルを試すときがきたようじゃな・・」

のべ竿は5.4m「波止めばる」(宇崎日新)という古いもの
フロロ6lbの通しにミニマル直結です。

「そおーれっ!」
と振り込むと、いい感じにミニマルが沈んでいきました。

着底からピョン、ピョンと横に移動させていくと
「うにゃあん!」
と竿が曲がりました。

「おおっ! こりゃすごいぞ!」

竿はUの字に曲がります。
竿を立てているだけで、徐々に獲物が浮いてくるのがわかります。

「これや・・これや・・久々ののべ竿の引きや・・」



思っていたほど大きくは無かったですが
思ったとおりにアコウが釣れて
「こりは・・おもちろい・・」と超ご満悦。



釣り味という点では、ルアーロッドにリールよりも
のべ竿のほうが面白いかな?


(のべ竿の弾力なら水面を泳がしていてもバレません・・)

3匹を追加したところで
2つのミニマルを失いまして、早めの納竿としました。

まだ朝の8時前・・
海水浴客ともほとんど顔を合わせず帰路に着きました。



さて、久々のアクアパッツアです。



今日は、トマトのホール缶は使わないので
スープは白くあっさり仕上げ。


(全日本首巻タオル普及委員長・・)




やっぱり美味いですな・・
くらくらする旨さです。


塩焼きにもしてみました。
とろーり・・とした身で甘みがあります。
ハタ科独特の美味しい味です。



そういえば・・カマスも開きにして天干しして焼いたのですが
アクアパッツアを作りながら、酒のつまみに食ってしまいました。
(むっちゃ旨かったです・・)

次はアオリかな?
もいっかいアコウかな?




株式会社 ノセ精機
昼間のめばる釣り研究部 
〒527-0174 滋賀県東近江市大萩町271番地
 TEL 0749-46-0456    FAX 0749-46-1133
メールでのお問い合わせはこちらまで  
昼間のメバル釣り研究部 代表 野瀬昌治 自己紹介
Copyright 2004-2005 (c) NOSESEIKI All Rights Reserved.