2010年7月25日 まだ釣れる?小鮎

梅雨明け以来、まったく雨が降りません。
この様子では、川の水量もごっそり減ってしまったことでしょう。

でも、前回ほとんど使わなかったシラス団子が残っています。
ダメもとで、ちょいとのぞいてみましょう。


だいぶ減りましたね。
子供らが泳いでいます。日本のいい風景ですな・・


あちこちに釣り人の姿が・・


本日の川の様子
鮎の姿は結構あります。
水深は30cmほどしかありません。

先客に具合を聞くと

「ちっちゃいわ!」
とのこと

ということは、釣れるんですな。


本流に仕掛けを投入すると1投目から釣れてきました。
「ふむ・・確かに小さいな・・」



隣の先客は比較的深めのポイントで釣っているものの
あまりつれていない模様・・

流れの速さからすると、今日は浅瀬の本流で
鮎は捕食しているはず。

わしがあんまり連発で釣るので
隣の先客は「下流のほうがいいのか・・」
と独り言を言いながらポイントを移動していきました。

昼の12時、真昼間なので1時間ほどで納竿。
心はすっかり癒されました。


今日の釣果。
ひとまわり小さくなりました。

新しく遡上してきた小鮎でしょう。

今日は生姜で甘辛く煮てみました。


さて、、明石のナガオさんからタコが届きました。
以前、メバリングのDVDを購入していただいた方なのですが

カヌーを購入してから、
「タコが釣れて・・釣れて・・」
とご親切に送ってくださいました。

10杯以上おりましたが、ちょうど夏休み中の息子が
祖父と共に塩もみして茹でてくれました。


タコとキュウリのぬた


こんなに・・


タコだらけのたこ焼き・・

ナガオさん、美味しくいただきました。
ありがとうございました。





株式会社 ノセ精機
昼間のめばる釣り研究部 
〒527-0174 滋賀県愛知郡愛東町大萩271番地
 TEL 0749-46-0456    FAX 0749-46-1133
メールでのお問い合わせはこちらまで  
昼間のメバル釣り研究部 代表 野瀬昌治 自己紹介
Copyright 2004-2005 (c) NOSESEIKI All Rights Reserved.