2010年7月10日
もう終盤かな・・


今週も少しのぞいてきました。
水量もかなり減って、見た目の鮎の量も
だいぶ減りました。


(これぞ日本の小川・・)

まあ、毎日投網を大勢打ってらっしゃいますから
絶対量も減りますわな・・。


(こんなところで・・)

また、遡上したての鮎は動物性の餌を食いますが
しばらくすると、石に付いた藻を食べますので
これまた釣りにくくなります。

今日はたつとが
「俺も行く!」と言いますので
いっしょに連れて行きました。

正直、「餌なしではつらいかもしれんなあ・・」
と思ってましたが案の定、


たつとに釣れたのは4匹だけ
わしも20匹ほどでした。

途中からわしは「今日は食わん」と判断して
見えてる鮎を針で引っ掛けて釣りました。
(反則技です)


(調理した鮎・・)

もって帰った鮎は、すかさず内臓を取り出しまして
塩を振ってこんがり焼きました。



鮎独特の苦味が美味いんだなこれが・・

餌を使えば3倍は釣れると思います。

でも、もう終わりかな?・・




株式会社 ノセ精機
昼間のめばる釣り研究部 
〒527-0174 滋賀県愛知郡愛東町大萩271番地
 TEL 0749-46-0456    FAX 0749-46-1133
メールでのお問い合わせはこちらまで  
昼間のメバル釣り研究部 代表 野瀬昌治 自己紹介
Copyright 2004-2005 (c) NOSESEIKI All Rights Reserved.