2010年1月10日

年末年始は、
毎日、天気予報とライブカメラを
眺めては溜息をついておりました・・

12月の悪天候で
ボウズだったわしは
かなりダメージを受けており

悪天候を押してまでは、
釣行する気になりませなんだ・・

日本は、寒波が居座っておりまして
連日のように波浪注意報、警報が出ております。

「波の高さ6m?・・」
「うねりを伴う・・」
「大雪警報・・」

日本海はおそらくひっくり返っていることでしょう。

「はよ行かんと、産卵が終わって釣れなくなってしまう!」

焦っておりますが、
お天気はどうにもなりません。

この週末の3連休
雪マークは付いているものの
ようやく波の高さが、1.5mまで収まってきました。

「ええい!10日決行や!」
ついに、わしは決断しました。

さっそく、まいち氏に連絡すると、
その日はどうしても都合が付かない様子。

年末年始を、やきもきして過ごした
同士としては、とても残念。

でも今回は、会社の取引銀行の担当
ヨシダ君が同行です。

彼は、かなりのバス釣りマニアですが、
うちの会社に来た時に、

「真昼間のメバリング」を
借りて帰って、3回も立て続けに観た挙げ句

68ストレンジをはじめ、
3万もするリールを買うなど、
メバリング道具一式を

いきなり大人買いしてしまった
独身貴族です。

「次の釣行は必ず誘うぞ」
という約束でしたので、
今回初めてメバリングに挑戦となりました。

さて、天気のほうは、
前日9日は波の高さ2.5m後1.5mで

当日の今日は、2m後1.5m。
北西の風で、潮周りは若潮で、
あまり良くありません。

さらに、降水確率は70%くらいありまして
雪または雨という過酷な条件。

「でも、今行かんと産卵が終わってしまう・・」
ので、行かないわけにはまいりません。

今日は、遠いですが運転手も居ることですので
この時期の1級ポイント
T半島のMまで行くことにしました。

早朝5:00に出発。
例によって、
おにぎりを頬ばりながら一路敦賀へ。

道中、ザーザー雨が降ってまいりまして
今日の釣行が容易ならざることを
予感させております。

「トンネルを越えると、そこは春だった・・」
のはずが、今年はT半島にも
雪が積もっております。

「え?・・予定と違うんですけど・・」

水温が急激に下がっている可能性が高いです。

ようやく、たどりついたポイントMは
うねりが入って、波が高く
カヌーを出すことができません。

「あちゃ〜・・ポイントOに行くしかありませんな・・」
さっき通ったO漁港は、
波がさほどありませんでした。

2年前に、でかいメバルを
釣った実績もあります。

到着して、すぐ漁港でガシラの様子を
メタルジグでチェックします。

「あかん・・おらん・・」
「産卵が終わったか・・」

「おお美しい・・」
空には青空が広がってまいりました。

「よっしゃ!もう行くしかない!」

テンションが上がったのも束の間、
着替えている間に
空にわかに、かき曇り
冷たい雨が降ってきました。



「いくぞお!」
冷たい海に漕ぎ出しました。

波打ち際で、ヨシダ君
危うく転覆しそうになり
片袖をグッショリ濡らしておりました。

さて、冷たい雨の中
「3回投げて当たりなかったら帰ろかな・・」
と弱気の第1投。

ミミミ・・プルプル・・と
手に響く当たり。

「これは・・小アジか、ちっちゃメバル?」



案の定。ちっちゃメバルが釣れてきました。

「ほほう・・この寒空でもメバルは元気やのう・・」
「でも・・もうちょっと大きくないと・・」

丹念に、藻の壁の際や
底を探っていきますが、

ミミミ・・
プルプル・・

という当たりばかりで
ちっちゃメバル連発。



潮通しの良い、テトラの端では
遠投すると表層で、
ちっちゃメバルがガンガン当たってきます。

「遠いんだけど・・」
「活性高くて爆釣なんだけど・・」
ちっちゃメバル連発。


(こんなに、ちっちゃいなんて・・)

「ヨシダ君は?」
と見に行くと
やはり、ちっちゃメバルをぽつぽつ
釣っておられました。

「これだけ活性が高ければ、居ればでかい奴が・・」
と丹念に攻めますが、
ちっちゃメバルの嵐。



結局、3本のテトラを
くまなく探索しましたが
大きなメバルはどこかに避難した模様。


(カメラも、ずぶ濡れ・・)

寒くて手の感覚が無くなってきましたので
納竿としました。
(また、ボウズ・・)

帰りに魚屋で
ガシラを箱買いしまして
帰路につきました。

どうやら一度、寒波が去って
暖かい日が続かないと
いい釣りはできそうもありません。

またもや、心傷ついてしまった、
わしは帰宅して、1.5時間お昼寝してから
ガシラを調理いたしました。

案の定、ガシラの産卵は終了しておりまして
おそらく、メバルもこの寒波の間に
産卵を終了させたのでは・・と
想像いたします。


さて、久しぶりのアクアパッツア
今日は、壬生菜(みぶな)を使いました。



作りながら空きっ腹に、
ワインを飲んだので


(めずらしい、妻の横顔・・)

少々酔っぱらってしまいましたが

やはり、美味い。


(壬生菜がいい色出してます・・)


(フランスパンは、モンタボー)

翌日のみそ汁も美味かったですわ。



次回の釣行は、
「あったかい日が1週間ほど・・」
よく日を選ばねばなりませんなあ。

↓わしの使ってるレンタルサーバーです・・ 安い!






株式会社 ノセ精機
昼間のめばる釣り研究部 
〒527-0174 滋賀県愛知郡愛東町大萩271番地
 TEL 0749-46-0456    FAX 0749-46-1133
メールでのお問い合わせはこちらまで  
昼間のメバル釣り研究部 代表 野瀬昌治 自己紹介
Copyright 2004-2005 (c) NOSESEIKI All Rights Reserved.