2009年11月23日

「わしには、さっぱりわからん!」

ほんまは、先週14日に釣行予定でございました。
しかしながら、当日になって雨風、波共に高いので、今週に
延期をいたしました。

で・・本当は22日に釣行予定でございました。
しかしながら、天気予報がややこしくて、やっぱり波が高いので、
今日に延期いたしました。

さあ、延期に延期を重ね、わしの頭の中はメバル一色。
もはや11月も後半でございますので
産卵に備えたメバルが接岸し、栄養を蓄えるため
荒食いしていることでしょう。

「でっへっへっへ・・メバルの引きは半年ぶりやなあ・・」
「アクアパッツアと塩焼きも美味いでしょうなあ・・」

今日の釣行は、半年ぶりにまいち氏が一緒です。
彼は仕事が忙しくて、夏のアコウフィーバーを逃してしまいました。

「もー釣り方わすれてしもたなあ・・」
「いやいや・・メバルはわしも半年ぶりですわ。」

「釣れるといいですなあ・・」
「そうですなあ・・久しぶりにあの引きをあじわいたいですなあ・・」

「遠くで・・」
「そう・・穴とちごて・・」

天気予報は、曇りときどき晴れ。
南の風のち、日中は北の風、波の高さ1.5mのち1m。
中潮で、深夜に満潮、昼ごろ干潮です。

ちなみに昨日は波の高さが3mのち1.5mだったので
濁りが入っている可能性があり見合わせました。
(わしらの釣りは、敦賀で2.5mが限界)

例によってコンビニで握り飯を買い込み、一路敦賀へ。
日の出が6:30ごろなので、5:00に出発です。

7:00ごろT海水浴場に到着。

「ほほう・・ええ塩梅ですな。」
「美しい・・」

てきぱきとカヌーを準備し、ちゃきちゃきと出航しました。

「うーむ・・ちょっと潮位低いですな。」
「ま・・潮は動いてる時間ですわ。」

テトラに上陸し、もたもたと仕掛けを作ってる間に
「おおお!釣れた!」

まいち氏に待望のメバルが釣れました。
結構良型です。

「いやあ・・糸がこんがらがって、足元に落ちたんやけど・・」
「足元か!」

わしも、キャストせずに足元にジグヘッドを落とし、ピンピコピンッとやると
「おっ!釣れた!」

「これは・・今日は爆釣かな?」
と思わせますが、足元で釣れるのはあまりよろしくありません。

「なにせ、遠くで釣りたいですので・・」

さあ、ここから、テトラ際を引いたり、沖の駆け上がりを丹念に探っていきますが
さっぱり当たりがありません。

まいち氏は「おっ!来た来た!」「これはでかいわ!」
とぽつぽつメバルを釣っています。

「なんでや?」

まいち氏、曰く
「重いジグヘッドで底を取ってから、すいーっと揚げてくるねん」とのこと。

「なに?また重いやつ?」

そういえば、春もこの釣りでしてやられました。
わしは、底で掛ける繊細な釣りは苦手です。

それでも、なんとかその技を習得しようと3gのジグヘッドを使って
底を攻めますが、まったく当たりが取れません。

得意になった、まいち氏、曰く
「ちょこっとつつきよんねん。」
「そこで、合わせんと少し送り込んだってから、少しテンションかけたると
慌てて咥えよるねん。」
「そこで、手首つこて、こいっとかけるねん。」
「そっからが気持ちいいねん。」
「ずっしーんと手ごたえがあってから、横に走りよるねん。」
「そっから、竿がむっちゃ曲がってなあ・・」


「わからん!おまえの言うてることは、さっぱりわからん!」
(大滝秀治 風・・)

既にテトラも3本攻めましたが、まいち氏は順調に遠くの良型メバルを
掛けております。

わしは、足元で釣った、まぐれの2匹のみ。

いいかげん、わしの集中力も切れてきました。
「あかん!わしにはできん!さっぱりわからん!」
「もうわしのやり方で行く!」

初心に帰って、1gのジグヘッドに交換しシュリンプ緑を付けて
気持ちを入れ替えるため4本目のテトラに移動しました。

まいち氏は、すでに家族のおかず分をキープしたため
余裕をこいて、メバルの調理に掛かっております。

「くっそー・・わしはなあ・・ほんまは穴で釣りたないんや!」
「けどなあ・・塩焼きも食いたいんじゃあ!」

テトラ穴の水面でジグヘッドを泳がすと、一発で食ってきました。

「おおっ!釣れた!」
「でも・・かっこわるいし、だまっとこ。」

続いてもう一匹。
「あれ? うーむ21cmはあるな・・」
「まだ、恥ずかしいし、だまっとこ。」

さらに、続いてもう一匹。
「あれ?・・わしには向いてるのかな・・」

「おおーい!穴や!穴におるぞ!」
ここで、はじめてまいち氏に声を掛けました。

「穴?・・」
「やっぱり、遠くで掛けないと・・」

4連発。
「いやいや・・けっこうでかいですぜ。」
「おっしゃ!一気に家族のおかず分キープや!」

もう一匹釣ったところで納竿と致しました。

それにしても、この違いはいったい?・・

わしは、夏のアコウフィーバーでメバルの当たりが取れない
体になってしまったのでしょうか?
(そういえば、今日遠くのガシラは良く釣れました)

わしは、棒引きで表層のメバルしか釣れない
鈍いやつなのでしょうか?

帰りの車の中で「うーん、うーん・・」と考えた末
「ロッドの違いか?」と思い当たりました。

わしは、74エレクトロで、まいち氏はウエダのFL−60S。
どうも、このへんのバランスに差がでたような・・

(平和なテトラ・・)

今、私は「68ストレンジが猛烈に欲しい!」と思いつつアクアパッツアを
作っております。

なんとか、ガシラ一匹を足して8匹キープいたしましたので
今日はアクアパッツア、明日は塩焼きがいただけるわけです。

日本アクアパッツア普及委員長お薦めの材料は、
オリーブオイル、にんにく、アンチョビ、白ワイン(辛口、酸味のあるもの)
ホール缶、プチトマト、ささがきゴボウ、しめじ、チンゲン菜、三つ葉、白菜
皮のカリッとしたフランスパン
でございます。

「なんちゅう美味いねん・・」
「美味しい・・」
「美味い・・」
「ほんまに、美味しいなあ・・」

こんなに、美味しいものを釣るのに、ロッド代を惜しんではいけません。

ちょいと調べてみましたが、68ストレンジどこにも在庫ないようですね。

皆様、メバルの食いが「しっぶーい」時に良いロッドをぜひ教えてやって
ください。

わしも、底で「こいっ」と掛けてみたいです。
12月は爆釣でしょうな。


↓わしの使ってるレンタルサーバーです・・ 安い!






株式会社 ノセ精機
昼間のめばる釣り研究部 
〒527-0174 滋賀県愛知郡愛東町大萩271番地
 TEL 0749-46-0456    FAX 0749-46-1133
メールでのお問い合わせはこちらまで  
昼間のメバル釣り研究部 代表 野瀬昌治 自己紹介
Copyright 2004-2005 (c) NOSESEIKI All Rights Reserved.