2008年6月15日
【 ガシラの夜明け・・】


父の日・・。ちょっと贅沢な釣行を企てました。

6月ともなりますと、日の出が4時半・・と猛烈に早くなっております。
この季節、雨でも降らないことには、早朝のまず目時しか釣れないパターンも
多々あります。

4時半に釣り始めるには・・「2時半に起きんといかん・・。」
もう若くもないお父さんですので、釣行の翌日に疲れを残してはいけません。

「エグゼクティブ釣行でいきましょうかな。」
例によって、敦賀のαー1にリクラゼーションROOMを予約しました。
(マッサージチェアが備え付けてあるのだ。部屋が広いし運動が出来る。)

さて、今回は同行者があります。
へるお氏は子供を寝かしつけてから駆けつけ、「ホテルの駐車場で寝てるわ。」
hatz氏もおそらく前の晩からシーバスをやって車中箔でしょう。

なんか、わしだけ贅沢ですが、年3回ほどしか飲みに行かないのでたまには
ええのです。

梅雨やというのに、お天気続きで条件的にはよろしくありません。
天気予報は 「水曜日までお天気・・。」と申しております。

「なんとか4匹・・。アクアパッツアをこしらえたい。」
前回、酒なし、塩なし、ごま油使用のアクアパッツアで大失敗しております。

ここらで美味いアクアパッツアをこしらえておかねば、ここまで築き上げて
きたものが崩れてしまっては一大事。


せっかく前泊するなら、少し夕マズメもやっておかねばもったいないと考え
まして土曜日PM5時半ごろE海岸をのぞいてみました。

思ったより北風が強く、かなり強いうねりが入っておりました。
「うーむ・・これではメバルは出てこない・・。」

ついでにS港ものぞいてみました。一転べたなぎ。小さなメバルが見えますが
反応なし。「やはり、朝マズメかな・・。」

とっととホテルに入り、トマト&オニオンで居酒屋メニューを注文。久しぶりに
生ビールを飲みました。「はあー・・極楽極楽・・。」

風呂に入って、持ち込んだ麦焼酎【つくし】を飲みつつ・・マッサージチェアに
座っている間にウトウトし、安らかに眠りました。

さて、早朝「さむっ!」気温がやけに低くなっております。へるお氏は寒くて
あまり眠れなかった様子。

今日の狙いはT海水浴場。前回そこそこ釣れたポイントです。
hatz氏は 若さんという敦賀のアングラーと一緒でして、若さんは今回初カヌー
体験らしく、陸上でカヌーを漕ぐ練習なんぞをやっておられました。

2対2に分かれて テトラに上陸。わしらは5本目にhatz氏達は2本目に上陸
した模様。

「こりゃあ・・きびしい・・。」
10投ほどしても当たりがでません。もう片っ端から藻の際を打っていくしか
ございません。

「おっ!ええとこ入った!」と思っても、昨日のうねりで流れ藻が大量に浮遊し
ており、藻ばっかりが引っかかってくる始末。

「こりゃあ 4匹はギリギリやな・・。」
丁寧に藻の際を攻め なんとか2匹を釣り上げました。

すでに、あきらめモードに入りつつも、往生際悪く、テトラを移動しながら
打開策を探しております。

hatz氏達も それぞれあきらめモードに入った風。

そのうち、民宿から手漕ぎボートが出てきまして、2人のおっちゃんが
穴釣りを始めました。餌を使っているようですが、いきなりでっかいガシラを
釣った模様。

ときどき、ちらっと見るとその度に 必ずガシラがぶら下がっております。

「んん? ずっと同じ魚をぶら下げてるのか?」
「ありえんな・・。」
「爆釣か? そんなに釣れるものなんか?」

そのうち、おっちゃんたちは ずっしりと魚の入ったビニール袋を提げて
引き返していきました。

「やっぱり、釣れてたんや・・。」
「でも穴釣りは 3lbのラインでは無理やし、エレクトロ74では軟らかす
ぎるんちゃうかな?」

と思いつつ、ラインが切れては嫌なので、ワームをテトラ穴の入り口に30cm
だけ沈め泳がしてみました。

「おおっ!」

ぴゅっ!と赤い影が走り20cmほどのガシラが食ってきました。

「えっ? こんな上で?」

同じ穴にもう一度垂らしてみると、再び赤い影。
「ありゃま! 入れ食いやがな!」

わしは穴釣りとは 太いラインで穴の奥底に潜むガシラを無理やり引っ張り出す
ものと考えていましたが、「これは・・違う!」
むしろ渓流の岩魚釣りに近い。

これなら、細いラインでも切られることはないし、根がかりもない。
ひとつの穴から2匹づつガシラやら黒ソイが大小取り混ぜてジャンジャン釣れて
しまいます。

「あー・・これは目覚めてしもたなあ・・。」
以前、たけと氏やPopy氏が言わんとしていたのはこのことだったのでしょう。
(わし、当時 理解できませんでしたが・・)

「ありゃ?!」

メバルも釣れてしまいました。

大き目で藻の生えている穴ではメバルも出てくるようです。

「今日のわしの苦労はなんやったんや?・・」

「しかし・・これはおもしろい!・・夏の釣りはこれやな。」

(画伯、穴釣りの図・・hatz氏撮影)

「うむ・・これでアクアパッツアと塩焼きと唐揚げができる!」

すっかりあきらめ気分だったのが、ホクホクとした気分になり
気分よく帰宅することができました。
(やっぱり、わしの本分は小物釣りか・・)

ゆっくり昼寝をして、料理に取り掛かりました。
今日は、基本に戻ってシンプルに仕上げます。
具は、ガシラと白菜、トマトのみ。

「あ~・・この味や・・」
「ガシラは、ええダシでるねえ~」

父の日の料理は、ガシラのアクアパッツアと赤ワインでございました。

次回は、もうちょっと穴釣りを研究してみたいと思います。



↓わしの使ってるレンタルサーバーです・・ 安い!






株式会社 ノセ精機
昼間のめばる釣り研究部 
〒527-0174 滋賀県愛知郡愛東町大萩271番地
 TEL 0749-46-0456    FAX 0749-46-1133
メールでのお問い合わせはこちらまで  
昼間のメバル釣り研究部 代表 野瀬昌治 自己紹介
Copyright 2004-2005 (c) NOSESEIKI All Rights Reserved.