2007年7月31日 鮎つかみ

うちの近くには愛知川(えちがわ)という川があります。
昔、わしが小学生のころは、70cmもあるマスや、ナマズ、40cmはあるようなフナや鯉、
なんぞがウヨウヨとおったものです。

ヤスを持って川に潜ると 大きなフナの大群なんかがいて ゴム式のヤスで突くんですが
硬いウロコに「カーン」と跳ね返されたりしたものでした。

当然、鮎なんかもワンサとおりまして,【ニギリ】と呼ぶ素手でのつかみ取りや
【シャクリ】と呼ばれる素針でのヒッカケ釣りを、小学生のわしらはよくやっておりました。

春になると、ウグイが産卵のため遡上してきまして 40cmもあるウグイで川が真っ黒に
なっていたものでした。

現在では、ダムの影響で1年の半分くらいは渇水状態で干上がっており、なあんにも楽しみのない
川となってしまいました。

それでも、先日のような台風で大雨が降ると、川は大増水して一時的に昔のような川に戻ります。
このチャンスに鮎は一斉に琵琶湖から遡上してくるわけですが、悲しいかな2週間もすると
川はすっかり干上がってしまうため、鮎は全滅してしまうわけでございます。

ところで・・わしは川の橋を車で渡るたび
瞬時の脇見運転でで水量を絶えずチェックしております。
鮎が水面で跳ねているかどうかも見逃しません。

なぜか?と申しますと、この川が干上がる直前は 川のあちこちに水たまりが出来まして
そこには鮎が大量に集結しておるのです。
1年に一度あるかないかのチャンスですが、このとき童心に帰って鮎を素手で捕まえて
食うわけであります。

「水たまりの鮎?きたないのとちゃう?」と言われそうですが
川というものは 水がなくても地下を水がとうとうと流れており、水たまりの水も
流れています。 だあーっと暴れて水を濁らせても、川砂のフィルターですぐに浄化され
見る見る澄んでいきます。水温も冷たいままなので鮎が茹で上がって死ぬこともありません。

さて、日曜日の昼下がり
「 ちょっと鮎を観にいかへんかな?」
と子供らに声を掛けました。

「釣りやったら いや!」

最近、子供らに上手に釣らせることの出来ないお父さんのせいで
あまり釣りには行きたがりません。

「いや・・ひょっとすると今日あたり、鮎つかみのチャンスかと・・」

「行く!」
「行こう! 網買ってや!」

こうして、わしらは川へ向かいました。

ところどころ、まだ水が流れているものの 川は半分以上干上がっています。
まだ、誰も鮎を捕まえている形跡はございません。

前方に小さな水たまりを発見!
「 君たちは あそこの水たまりを ちょいと見てきなさい」
「 わしはあっちを見て来るし・・」
こんな浅い小さな水たまりに
鮎がピュンピュン走っております・・。

水もキレイで冷たい・・。

わしは橋げたの、ちょっと陰になっている所を見にいきました。

「あっ!おるおる!」
「あっ!捕まえた!」

子供らの声が聞こえております。
わしのほうにも 鮎が黒々とスクールを作って廻っているのを発見しました。
「こっちは 置いといて・・」
子供らと合流しました。

水深は10cmほど幅は1mほど 長さは10m程度の水たまりですが
30匹ほどの鮎がピュンピュン走っています。

わあーっ!と暴れると、鮎は石の影に隠れるのでそいつを手で捕まえます。
適当に網ですくっても、なかなか捕まえるのは難しく、手のほうが効率が良かったりします。

「 全部捕まえたら 鮎が居らんようになってしまうんとちゃう?」
という質問もありましたが
このまま放置すれば、明日にも水が完全に干上がって 日干しになるか、カラスの餌に
なってしまいます。

「せめて、美味しくいただいた上で、わしらの体の一部となって活躍していただかねば・・」
ここにも30匹くらい・・。

バケツの鮎が見えるでしょうか?

こういうのがおもしろいですな。

わしが、ひょいひょいと両手に鮎を1匹づつ握るのを見せると、子供らも素手で捕まえることが
出来ることを信じられたようで、熱心に鮎を追うようになりました。

水たまりは、小さいもの大きいものありますが 写真ほどの小さいものなら 子供らでも
十分素手で捕まえることが出来ます。
大きいものでは、大人でも手に負えません。

今回は 小さな活きたナマズと45cmくらいのビワマスの死体を発見しました。
愛知川は水さえあれば、まだ復活できる可能性があるなあ・・と感じました。

1時間半くらいで80匹くらいの鮎を捕まえまして、夕飯に唐揚げにして食しました。
たいそう美味かったです。


(ポン酢で食うと美味いんだなこれが・・)

釣りもおもしろいですが、素手でのつかみ取りは狩猟本能をさらに刺激しておもしろい。

さて、その夜大雨が降りまして再び川の水が復活しました。
「まさに、ワンチャンスであったな・・」
ちょっと,得した気分でございました。


↓わしの使ってるレンタルサーバーです・・ 安い!






株式会社 ノセ精機
昼間のめばる釣り研究部 
〒527-0174 滋賀県愛知郡愛東町大萩271番地
 TEL 0749-46-0456    FAX 0749-46-1133
メールでのお問い合わせはこちらまで  
昼間のメバル釣り研究部 代表 野瀬昌治 自己紹介
Copyright 2004-2005 (c) NOSESEIKI All Rights Reserved.