2007年4月20日

(前編) 予告編・・

「今年のメバルは早い・・」 【2007メバル早い論】を唱えておったわしですが
3月11日の爆釣以来 世間様では ええ話を聞きません。

そういえば・・イタドリがまだ生えてないし・・
お寺の桜がまだ 0.5部咲きやし・・
田植えもまだ始まってないし・・

お寺の八重桜・・

去年の今頃は満開でしたぜ。


「結局、例年通りか・・」

わしの【2007メバル早い論】は早くも崩壊致しました・・。

我が家では、メバルのアクアパッツア中毒の禁断症状患者が現れ始めており
「めばる〜!」
「メバルをくれ〜!」
という 患者さんの声が聞こえてくるようになりました。

シビレを切らせたDr.妻は 
果敢にもスーパーのアジでアクアパッツア ワクチンをこしらえました。

旨味が不足するであろうとの推測から アサリも投入しております。

アジのアクアパッツア


患者たちは「どれどれ・・」とさっそくいただきました。

「ふーむ・・」
「うん・・美味いね・・」
「おいしいやん・・」

「でも・・なんか こう・・」
「これはこれで 美味いけど・・」
「なにかが・・」

たいそう 口数の多い食事でありましたが 患者たちは小康状態を得ました。

「根本的治療には やはりメバルワクチンが必要ですな・・」

Dr.画伯は立ち上がりました。
憐れな患者達を救うためには どうしてもでっかいメバルが8体ほど必要です。
合わせて ワカメがあると より効果が高まります。

「キャシャーンがやらねば だれがやる?」

決行予定は 22日。
今回は まいち氏の他 とうとうカヌーを購入してしまったhatz氏
兵庫と大阪から たけと氏とPopy氏が 緊急救援チームとして結成されました。

特に たけと氏とPopy氏は遠路5時間も掛けての遠征計画。
20代で若いとはいえ たいへんな強行軍。

前回の救援活動が 大失敗に終わってるだけに 今回の釣行に掛ける意気込みは大きい。

果たして、わしらの救援活動は成功するのでありましょうか?

今週末の予報は雨、南の風で 風は弱そう・・。
Dr.画伯の見立てでは 爆釣確率 95%です。


2007年4月21日

前日の怪しい行動・・

土曜日の朝・・ 久しぶりに仕事が休みでしたので Dr.画伯はam8:00まで寝ておりました・・。
「 む?・・のくとい!」

窓からは 朝日が差し込んでおります。
「 あれ?・・週末は 雨ちゃうんか?・・」

「この 生暖かさは・・メバルの体温にも似た・・」
普段なら寝ぼけている わしですが 今日は妙にシャッキリ目が覚めてしまいました。

「 海が呼んでる・・」

今日は妻や子供たちは 妻の実家に泊まりに行きます。

「 上手いこと時間を段取りすれば 夕方釣りをして 敦賀に泊まって 日曜日も釣りができるのではなかろうか?」
最近、Dr.画伯の頭は冴えております。
複数の ハードディスクがシュイーンと回転しております。

さっそく、Dr.妻に 相談してみると
「 No,problem. 全然 かまへんよ・・」

患者らに相談してみると
「 雨降りそうやし絶対釣れるわ。 なんで行かへんの?」
と 逆にけしかけられてしまいました・・。

空は今にも雨が降りそうな気配ですが 天気予報は曇り。
おそらく今日は夜になるまでは 雨が降らない・・。

「 爆釣や・・今日は絶対釣れる・・Dr.画伯の本能、野生の勘がそう訴えている・・。」
わしは たいそう落ちつかない状態になりまして
さっそく まいち氏と へるお氏に連絡を取りました。

「 え?・・今日?・・今から?・・ほら無理やで・・」
「 え?・・今日?・・今、お伊勢さんやねん・・」
ま・・二人とも家庭がありますので 急に誘っても無理なのは当然。
むしろ わしが責められるべきでしょう。

「 明日も釣りするのに あまりに贅沢か?」
「 世間様は この非道徳を許してくれるのか?」

「 今日行かんと 明日 後悔するのではないか?」
「 今日 なにかすばらしいことが起こるのではないか?」

わしは、心の中は葛藤しておりました。
が・・

「 もう 今にも降りそうやで 爆釣ちゃうん? なんで行かへんの?」
再度 患者さんらに言われて決断しました。

幸い いつものαー1敦賀バイパスの 禁煙リラクゼーション部屋が1室空いておりました。
「 うーむ・・あつらえたような・・。 海が呼んでるぜ・・。」

わしは アクアパッツア・ワクチン用のトマトまで買い込みましてpm3時過ぎ 敦賀へ向かいました。

Dr.画伯は 確信しております・・。
「 今日は 絶対釣れる!」と・・

pm5時に E海水浴場に到着
「 風よし! 波よし! 水位よし!」

南風で追い風なのが ひとつだけ気になりますが
海は妖しげな雰囲気を漂わせています・・。
妖しいでしょ?

テトラには3人組が既に上陸していますが 端っこに陣取っており 
どうやら餌師のようで動く気配はありません。
「 ふむ・・ 撒き餌が 吉と出るかもな・・」

わしは 勇んで出港しました。
パドルを漕ぐと トローリ トローリといかにも釣れそうな音がします。

74エレクトロに 2.5lbフロロライン 1.4gコブラヘッド#4 ママワームシュリンプ緑をセット
「 さあ 記念すべき第一投です!」

爆釣パターンなら ここから怒涛の連発が始まるはず・・

「 あれ?・・あかんがな・・」
5投ほども ここぞ・・という場所に投げてみましたが 当たりがありません。

「 わしの本能というやつは 当てにならんな・・」

わしは いろいろな角度でのキャストを試し始めました。
藻がかなり張り出しており 藻のテーブルが一文字テトラの周囲に出来ております。
タナは中層一本槍で 藻のどこを通すかを調べていきます。

左45度で ようやく当たりが出ました。
ズシーンとした重量感で ラインがギリギリ・・と鳴りまして揚がってきたのは 太い24cmのメバル
「おー!太い!・・」
「 これは 良いワクチンができますな・・」
太い・・
美味そう・・

藻のテーブルの向こう側でヒットさせた場合 主導権を取られると藻に張り付かれて
バラシてしまいます。
常に ギリギリのテンションを掛けてメバルの顔をこっちに向けておかねばなりません。

「これは スリルがありますなあ・・」
こういうギリギリのやりとりが わしを海へ呼ぶのです・・。

連発は出ませんが移動するごとに 左45度で 当たってきます。

22cmかな?・・

たいてい 藻にズリズリと擦りながら抵抗してくるので たいへん重量感があります。
ラインは キーンと鳴っとります。
今日最大・・
25cm

1.4gジグヘッドが
小さく見える・・

「今日は 左45度の日らしい・・」
潮の流れで メバルの向いている方向が変わるのか 釣行のたび 釣れる角度が違います。
そういえば 前回の爆釣は 右30度やったなあ・・。
23cmくらい?・・

「 ここで 爆釣か?」
「 今から 爆釣か?」
と 釣れるたび 連発を期待しますが 単発しか出ません。

「こういう藻の このくらいの距離を このくらいの角度で・・」
というのがわかってきました。
21cmかな?・・

「 ここぞ!」というポイントでは ちゃーんと当たってきます。

それにしても、74エレクトロ だんだん感度が上がってまいりました。
藻にチョンと触ったのと メバルがチョンと触った差が判ってしまいます。
なにやら メバルが近づいてくる 水流のヨレみたいものまで感じているような・・
( Dr.画伯は超能力を得たのかもしれませんが・・)
薄暗くなってきました
23cm・・

21〜25cmを7匹 キープ
そろそろ 薄暗くなってきたので
「 ま・・これで明日は 気持ちに余裕ができたな・・」
と 切り上げることにしました。

「アクアパッツアは確保したぞ!」
と早速、妻に電話してみると
「 今日は爆釣ではなかったやろ? でもそこそこ釣れたんちゃう?」
と言われてしまいました。

どうやら 患者らが
「 今日は結局 雨が降らんかったし・・」
と 予想しておったらしいです。

「 読まれてるし・・」

今日は ホテル住まいなので帰りは楽チン
部屋にはマッサージチェアが待ってるはず・・。

「おっ! 広いやん!」
もともと ツインの部屋のベッドをひとつ撤去して マッサージチェアを置いたらしく
シングルにしては広い、快適。
ちょい悪おやじの
くつろぎのひととき・・

こんな部屋でした・・

しばし 疲れた体をほぐすため マッサージチェアでくつろぐ・・
「 うーむ・・ささやかではあるが 贅沢な・・」

腹も減ったので 1階のトマト&オニオンへ・・。

ここでは 居酒屋メニューがありまして
生ビール中、タコ唐揚げ、ハリハリサラダ、ゴボウフライ、揚げだし豆腐、トマトオニオンスライス
焼き餃子を一気に頼みました。

「 多いですか?」
ウエイトレスさんに苦笑されつつ 一人で ごちそうをいただきました。

明日は 4時半起床。
明日の闘いに備えて pm10時 やすらかに眠りました・・。

つづく・・

↓わしの使ってるレンタルサーバーです・・ 安い!






株式会社 ノセ精機
昼間のめばる釣り研究部 
〒527-0174 滋賀県愛知郡愛東町大萩271番地
 TEL 0749-46-0456    FAX 0749-46-1133
メールでのお問い合わせはこちらまで  
昼間のメバル釣り研究部 代表 野瀬昌治 自己紹介
Copyright 2004-2005 (c) NOSESEIKI All Rights Reserved.