2004年12月25日

世間様はクリスマス・・
我が家も クリスマス・・
朝6時に起床すると すかさず わしは 子供部屋をチェックし
子供が 完全に寝ていることを確認して プレゼントを枕元に置いた・・

これで あとは夕食に めばる尽くしがあれば 完璧だ・・
心置きなく 釣りに集中できる・・

今日は もしかしたら 尺めばるを釣るかもしれない・・
今までは 可能性がなかったが 今日は違う・・
今までの フロロ2.5lb改め PE8lb リーダーフロロ1.5号・・
ロッドは BELLs スペシャリスト7ft 
これなら 引きずってでも 揚げられる・・

しかし 昼間にこんなに 蛍光黄色の目立つラインでも 大丈夫なのか?・・
という不安は大いにある。
ひょっとしたら まったく釣れないかもしれない・・

「 それは 勘弁いただきたい・・」
ということで やっぱり 
Fenwick ゴールデンWING sight special 6.1ft
と 2.5lb フロロは持っていくのであった・・

今日は 寒冷前線も緩み 日中は 14℃くらいまで上がるらしい・・
「 ま・・めばるも 寒いうちは 食わんじゃろう・・」
ということで 日が昇った am9時ころに 竿を出せたら良しと
am7時に 余裕の出発をした・・

天気予報では 北風のち 東の風・・
「 完全に 風裏ですな・・」
条件的には 申し分ないようである・・

現場に到着してみると 多少 うねりがあるものの
海水浴場内は ほとんど 気にならない程度の波しかない・・

さっそく 2人艇のカヌーを漕ぎ出し 第一のポイントに向かった・・
用意の良い まいち氏は 家からロッドにリールとライン ジグヘッドとワームを装着しており
すかさずキャストをやらかし始めた・・

余裕の わしは これから ロッドにラインを通すのだ・・

「 わ・・ようけ居るわ・・」
わしが もたついている間に まいち氏は もう 20cmUPを 揚げている・・

少々 あせりつつ・・
「 ふむ・・ 今日も 余裕やな・・」
この調子なら 今日も ジャンジャン釣れるであろう・・

「 では・・ まいろうかな・・」 (水戸黄門 風・・)
まずは PEに 1.4gコブラヘッドと シュリンプで攻撃を始めた・・

「 う〜ん・・ 飛ばんな・・」
さすがに 2.5lbフロロ比べると 飛距離が落ちる・・
しかも サスペンドタイプなのに なかなか 沈まない・・

それでも 1投目から 12cmくらいの めばるは釣れてきた・・
「 ふむ・・ 大丈夫やな・・」
丁寧に テトラの反対側にリリースした・・

しかしながら 投げても投げても 12cmばっかし 釣れてくる・・
「 これは 非常に まずいのでは なかろうか?・・」

気弱になったわしは とうとう13cmUPを ちょくちょく 
キープし始めたのであった・・
「 南蛮漬けに してみよう・・」

1級ポイントで粘る まいち氏を 尻目に わしは 移動しながら
目ぼしいポイントを 探っていく・・

しかしながら さらに さらに 不安になったわしは
とうとう いつものロッドを手にしてしまった・・

ところが いつものように探ってみるが なにやら めばるが付いては
来るものの みな見切られているようだ・・

「 うーん?・・パターンが違うぞ・・」
ここから わしは ワームをとっかえひっかえ カブラやら ステンボーやら
ジグヘッドの 重さやら いろいろ変えてみた・・

事態は 深刻であった・・
すでに 第2ポイントも 消耗している(スレさせてしまった・・)
このままでは 去年のわしに 逆戻りだ・・

そのとき・・
「 おお〜い!」
と まいち氏の 呼ぶ声がした・・

50mほど先で なにやら大きそうな めばるらしきシルエットを
高々と 差し上げている・・

「 やられた・・」
がっくし・・
ここは 降参して 見に行ってみよう・・

「 でっかあ〜」
25〜26cmはある 黒めばるであった・・
しかも 20UPも 多数・・

「 なんでや? なんでやねん?」

「 今日は 早巻きやないと あかんなあ・・」

「 何? 早巻き?」

そういえば いろいろ試したのに 早巻きは試していなかった・・
ジグヘッドにグラスミノーssが付いていたので そのままキャストし 早巻きしてみた・・

うにゃん! と 当たりがあり ずっし〜んと とても気色の良い 竿曲がりの感触を経て
23cmを 捕らえた・・

「 おお! 早巻きか! ほんで 見切られたのか!」
「 と いうことは・・ クルクルが効くかもしれん・・」

それから わしは 再び スペシャリストを取り出し キャストし始めた・・
「 おお! クルクルイモートは 飛ぶぞ!」

ひゅーん と 50m近く飛んでしまう・・
1投目で 
「 よっしゃあ! 」と掛けたのは 20cmUPのアジ・・
「 うーむ・・ 初めて釣った・・」
「 これはこれで うれしい・・」

これで 気を良くし 一気に頭はしゅいーんと高回転を始めた・・
沈みテトラに 流れが巻いているところを 狙い撃ちにし
ちらっと 見える めばるの影を捉えては 掛けるという感じで
ようやく 今日のパターンが掴めた・・

ちっちゃい めばるが出てきた時は ルアーを逃げるのだ・・

そうして わしに釣れて来るのは ブルーバックばかり・・
サイズは 18〜21cmくらいであったが 遠くから引っ張りだしてくるので
たいそう 楽しかった・・

「 いやあ〜 今日は堪能した・・」
わしは すっかり ごきげんであった・・

これで 昼間に PEと 太いリーダーの組み合わせでも
ほぼ 細フロロに 遜色なく ラインのトラブルも無く めばるが釣れることが
自分に証明できた・・

でかいやつがいる 条件さえ掴めれば きっと釣り上げられるであろう・・
春には 遠くの大型ブルーバックも 狙える・・
得るものはあった・・

さて 帰宅してから・・
わしは 2時間 めばるをサバいておりました・・
はっきり言って 釣りをするより ずっと疲れました・・

それでも めばるの煮付け・塩焼き・潮汁・南蛮漬け・おじいちゃんの煮付け用めばる
を こしらえ 家族4人で 
「 旨い・・ 美味い・・」 と よばれました・・
やっぱり 魚は 美味いなあ・・
とても しあわせな心持の ええクリスマスでございました・・










株式会社 ノセ精機
昼間のめばる釣り研究部 
〒527-0174 滋賀県愛知郡愛東町大萩271番地
 TEL 0749-46-0456    FAX 0749-46-1133
メールでのお問い合わせはこちらまで  
昼間のメバル釣り研究部 代表 野瀬昌治 自己紹介
Copyright 2004-2005 (c) NOSESEIKI All Rights Reserved.